×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

卒業式のはかま

最近、大学の卒業式のシーズンに女子大生がレンタルのはかまを着用しているのを良く見かけます。
これは、古くは明治時代に女性が学校で袴を履いていたことのなごりなのか、一時的なファッションなのでしょうか。
女性がははかまを着用するのは、明治時代に女性が学問をすることが認められ、着物で学校に通う女性が現れ始めましたが、椅子に座るため着物の裾の乱れを気にする女性教師・生徒のために当時の文部省が、男性の着物であった袴を女性教師や女生徒が着用することを認め、以降、当時の女学生ははかまで通学するようになりました。
そして現在の女子大生は、レンタルのはかまで、凛とした姿で卒業式に臨んでいます。
卒業式の男子学生の服装の定番はスーツでしたが、女子学生の袴姿の影響で、レンタルの紋付はかまの男子学生が卒業式でたくさん見かけるようになりました。
卒業式で、はかまのレンタルが、学生達の間でかなり浸透しているようです。
はかまレンタルはウェブで簡単に予約でき、宅配での受け渡しなどの手軽さが受けているのでしょうか。
卒業式の袴レンタルの一覧はこちら

はかまは草履かブーツ

卒業式でレンタルはかまを着用したときの履物は、一般的で上品なのは草履でしょうか。
一般的にはかまには草履という印象ですが、袴にブーツという選択肢が考えられます。
少女マンガの「ハイカラさんが通る」が流行り、南野陽子主演の映画にもなったのが1987年で、その頃大学を卒業する女優の富田靖子さんが「ハイカラさんの格好で卒業式に出ます」と語っていましたので、袴にブーツ姿だったのではないでしょうか。
地域や学校によって異なりますが、草履を履いている人が多いです。
卒業式ではかまを着ている人の7〜8割が草履でブーツを履いている人は2〜3割程度でしょうか。
はかまにブーツって可愛くておしゃれなうえに、はきやすいというメリットを考えると検討の価値があります。特に自分らしさを表現したい人には袴にブーツがお勧めなのです。
袴にブーツは、歩きやすく、おしゃれが楽しめ、当日雨や雪でも安心で暖かく、ブーツは洋服での着回しが利くなど沢山のメリットがあります。
合わせる袴の丈が、草履とブーツでは異なります。
簡単に言うと草履よりブーツの方は、はかまを短めに着付けなければなりません。
楽天レディースファションの一覧はこちら

卒業式のレンタルはかま

卒業式でレンタルはかまには色無地紋付が普通ですが、振袖を着る人が最近多くなりました。
振袖は、小振袖や中振袖のほうがレンタルはかまとの相性はいいのですが、レンタルはかまに自分の大振袖を合わせる人が大勢います。
卒業式に袴姿が増えた訳は、レトロ感覚で、オシャレで新しく感じられることが考えられます。
はかまレンタルの業者も、いろいろな可愛い袴のレンタルを行い、レンタル料金も比較的安いため、人気が出ているのでしょう。
レンタルには、はかま単体から着物、袴から帯、小物一式、草履、足袋まで全てそろっているフルセットレンタルという方法まであり、予算に応じていろいろなレンタルが選択できます。
レンタルはかまでの帯は、半幅帯(小袋帯)という地味で目立たない帯を袴の下に土台となるよう結ぶため、見える分量がわずかです。
はかま姿では立っているときは背中を伸ばし、重心はやや前にかけるように立ち居振る舞いをすると引き立ちます。
はかまでは歩く歩幅はせまめに、お辞儀は、首は曲げずに腰から曲げ、両手は膝の上でそろえます。
手を上げるときは、もう片方の手を袖に添えるとはかま姿は美しく見えます。
卒業式の袴レンタルの一覧はこちら

Copyright © 2008 はかまレンタルと卒業式